12月, 2016年

月経期は風邪薬はどの心理の病気ように月経風邪薬を使用するには、慎重に

2016-12-12

月経期間がたくさん出てくるの問題は、時に風邪、みんながむやみに薬を飲んで、体にダメージも風邪の予防に注意する場合は,風邪、みんなが自分の場合は以下の方法を治療して、皆が下の方が好き.

P月経期風邪どうしようか/ p

、風の熱い風邪

感じる風の熱い、症状は発熱頭痛、のどの痛みなど、使用解熱解毒薬類、例えば银翘散、桑杏スープなど、薬の時は適当にプラスの辛は暖かくて薬を着たり、スープ、制約解熱解毒薬の副作用を防ぐため、あまり抑制、血気、遺伝子を殘して.

2、風邪で風邪

を風邪

に>

寒風と寒気を感じ、悪寒、発熱軽い症状が重く、鼻づまり流清鼻水を主な症状者、宜選択の辛は暖かくて解表類の抗風邪薬.

の煎じ薬宜用桂枝スープ,心理の病気、杏蘇散など、漢方薬を选択することができます寒風と寒気感冒顆粒、藿香正気水(カプセル)、イバラ防毒を消す散など対症治療.

p3、熱入血室

月経期に風雨や月経渡による発熱、悪しきマラリア状、昼夜重いべきで軽く、小さいさいこスープを中心に治療.

pの病状が特にひどい場合は、直ちに入院治療をしなければならない.

薬3分毒、女性は月経風邪薬で薬を飲んできっと慎重に、

に食べて、月経期の風邪

を予防することができますにはブタ赤身スープ

には

毎回使用膠じゅうグラム、党参じゅうグラム、枸杞子じゅうグラム、淺い靑色さん根、豚赤身ごじゅうグラム.制作については、まず、しておきます;は豚赤身をきれいに洗って、細かく切って、淺い靑色をきれいに洗って、ひげ根をきれいに洗って党参、枸杞子.上述の五物を入れて飲むと同時に土鍋でスープを作って.も食用にして.

食用の際、塩味、一緒に食べることができます.月経の前で周连服に~さん度.この方は月経量多い女性に適用されている.

pトウキナツメスープ

p>毎回使用帰<じゅうグラム(宜頭や体ではなく、用尾)、赤いナツメのろく、ナルコユリじゅうごグラム、新鮮な卵1個.制作にあたっては、まず当帰を清め、水蒸しをして柔らかく、薄切りにしても非活動をして.赤いナツメの洗浄に核洗浄、ナルコユリ.

p> <を当帰、赤いナツメ、ナルコユリと入れて土鍋でスープを作って.スープを煮た後、新鮮な卵(殻に行って)、5分煮ると.

スープはスープを飲んで卵を食べることができて.本侧は月経前の周连服を2回.この方尤適用ふだん体の弱いしやすい、めまい者.

加味当帰ラムしょうが湯

p>毎回使用当帰さんじゅう<グラム(宜頭や体)、生姜じゅうごグラム、北芪じゅうごグラム、鮮羊肉250グラム.制作の際は、まずトウキを洗浄し、水蒸しで柔らかく,薄切りにして.ショウガは砂泥、皮をむいて薄切りにする.

>

Copyright© 2012-2013 心の病気は恨みに関係|心理の病気 All Rights Reserved.