中国では、がん患者の心理の病気6人は、がん患者のために分化傾向にあると診断されて

2016-11-09

1分6人はがんだと診断されてますP全体人口高齢化が加速する背景には、我が国のがん患者が『若い化』と『高齢化』と共存する局面が現れているという.」中国医学科学院腫瘍病院のオフィス内に、全国の腫瘍の予防と治療研究室副主任陈万青と.計画生育政策と1人当たりの寿命アップの共同の影響の下、私の国の癌の群れの年齢分布,他の国とは異なる特徴が現れて.

2013年初め、全国腫瘍登記センターが発表した最新版『2012中国腫瘍登記年報」によると、中国は毎年新しい出す癌の症例約312万、癌の死亡以上200万という意味がいち分ごとにがろく人がんと診断され.現在、全国がんが発症する傾向があり、発病率と死亡率は増加傾向となっている.

中国疾病予防コントロールセンター副主任杨功焕発見して、ごく短い数十年で、我が国の疾病の発生と死亡完成から伝染病に慢性病の疫学モードに転換して、はるかに速い速度転換の他の国.1964年の癌は私の国の住民の死亡の原因で第4位とする、1970年から1989年は第2位まで上がって、2007年から2010年のデータを見ると、癌はすでにトップに躍り出るている.彼は、ガンは既に私の国の都市と農村住民の第1位死亡の原因になって、世界でも高いレベルにある.

北京大学腫瘍病院、北京市腫瘍治療研究所が発表した1995 – 2010北京市悪性腫瘍発症報告によると,心理の病気、2007年以来、悪性腫瘍よんしよ年連続では北京の住民の死因第一位.2010年、北京の住民の平均4名死亡者の中で、1人が悪性腫瘍に死亡して、1人は1人が死亡して、1人は1人が死亡して、1人は1人が死亡します.

人口高齢化は、若い人が増えているという若い人が病気になっているという.」陈万青、2020年、中国は毎年のがんの新規の症例数は400万ぐらいで、病気の合計600万.

貧乏から富、癌発症にはマイナスにはマイナスにはなってないから

p生活条件は改善して、どうして癌は発病して減らしてマイナスになったか?北京大学腫瘍病院院長季加孚などの専門家は、我が国のがん譜変化全体の傾向は、既存の高発の腫瘍は明らかに下がって、肺ガン、乳ガン、結腸直腸癌などの先進国に多いがんが大幅に上昇し、貧乏形成がんと富がんを両立させる局面.

貧乏がんとは、過去のいくつかの貧しい地域の住民、食、生活条件が悪いなどが原因を誘発してがんで、今は、高脂肪蛋白食事、運動不足などが原因を誘発してがんと呼ばれる富がん.第3回全国住民の死亡原因調査結果によると、中国の都市部と農村部の住民の腫瘍発症死亡構成が変化していることが、環境,生活方式についての肺癌、肝臓がん、結腸直腸がん、乳がん、膀胱がん死亡率が大幅に上昇し、その肺がんや乳」

Copyright© 2012-2013 心の病気は恨みに関係|心理の病気 All Rights Reserved.