健康な小さい常識は四季の心理の病気健康的な房事の攻略

2016-09-29

性愛は2人の素晴らしい感じに、健康なセックスは点滴から始めて.両性は春、夏,秋、冬の季節の中で、ともに、収穫、冬藏春生夏長、季節の交代、性愛回数は相応の増減
.

春は7日に2度セックスして、夏は3度増加して,秋に1度減らして、冬は体の情況が体の情況を減らしてセックスの頻度を減らすことを減らすべきです.健康な角度からすれば、どのように性愛養生に注意するべきでしょうか.

セックス回数が増えて

増加して春は万物の回復の季節で、この時この時自分の心身はいかなる圧迫抑えて、心身のすっきりと調和を保つことを維持して調和して調和して調和して調和して調和して調和して調和して調和して調和して調和して調和して調和して.冬、セックスの回数が適当に増えても、個人の体質によっては、そのためには、機体による臓器の代謝活動、生命の活力を増強させます.

性愛:p夏性愛性愛:性愛風邪

には夏の時、多くの女性の友達はいつも自分は全身力がだるい、食欲がなく、天気が暑く、性生活に対しても食欲がないと感じていた.しかし一部の夫婦がエアコン環境では性生活を過ぎることは抵抗力が低下した人が鼻づまり、くしゃみ、鼻水、頭痛などの風邪の症状があり、この病気のため夏風邪と呼ばれる性愛.したがって、夏は性生活を過ぎるあまり贪凉でも、SEXしてキックシャワーの後、この季節,心理の病気、くれぐれも性愛の頻度を減らす.

Copyright© 2012-2013 心の病気は恨みに関係|心理の病気 All Rights Reserved.