西洋には西洋参を食べる食べ方が食べ心理の病気られる

2016-08-15

この薬にはみんなが知らないと信じる、西洋には夏には防火作用があると信じている.他の参類とは異なり、西洋にんじんは一種の涼参、その味の苦しみ、微甘、性は涼しくて,持って、唾液の分泌を促進して渇きをいやす、滋陰補う以外にイライラ、清虚火、扶正気、抗疲労の効果で、とても適する夏季清補.

1、1、煮て食べるのは<1/p>
;を煮て

を食べて<P>をしては、洋楽切片、3 gは土鍋に入れ、水に適量、とろ火で10分ほど煮て、朝食前に空腹になる.

P2、煮込みはP

は、西洋参切片を、毎日に~ごグラムわんに入れて、適量の水に浸しさん~ご時間、休暇の蓋をして、更に基をなべに入れて、水蒸煮込みぶりにじゅう~さんじゅう分、朝食前に半時間服用し.

p3,心理の病気、蒸すとして

pは西洋の参火を火で乾かす,細田になり、毎回5グラム、1個の卵を入れ、蒸した後に服用します.

Copyright© 2012-2013 心の病気は恨みに関係|心理の病気 All Rights Reserved.