奥歯の心理の病気十種類の怪異歯みがきを驚かして

2016-07-12

歯みがきと言えば,心理の病気、誰もが熟していると思いますが、日常生活においては日常生活において毎日の清潔な用品が必要になるからです.史料の記録によるとギリシャ、ローマ、ヘブライ人は2000年から使用白亜土、動物、甚だしきに至っては緑で作った骨粉軽石洁牙剤清潔口腔.私たちの中国唐代で早くも関連記載と当時は薬草健齿、洁齿の処方.様々な跡が表明されていたようにも人類愛牙、一護の習俗古已か知歯.しかし時代の進歩とともに、技術の改善や完備し、今出回っているから様々な歯磨き機能等級は当初古人用の歯磨き粉、処方それは質的な飛躍はとっくには単一の清潔型ツール.関係機関統計今世界で百の練り歯磨きのブランドは、今日小康を精選し選出の外国メディアがあなたを驚かして奥歯の十種特異歯磨きを見せて何ならば世界の大きさ、そろい!1、チョコレートの歯みがき2005年ユニリーバフィリピン会社販売の限定版チョコレート味のくわえたフッ素の歯みがき.多くの人は、多くの人は、開発者はどのようにすることを信じていると信じていると信じています.一般人がそれを連想しているのは、チョコの糸のように甘い口当たりが.彼と歯磨き粉を1つに連絡することが難しくて、しかもよく知らないで、甘いものはまだ人口の中で駐歯が生えて、だから原料を原料にして歯みがきをするのではなくて、それは歯がこするほどぼろぼろになっていますか?答えは否定的です.大学の博士によるとTulane研究生Arman Sadeghpourの研究によると、チョコレート制作の主な材料ココアがさせないのが有効で歯を守るよりも、通常より足を付ける歯磨き中のフッ化物.これは、中国では、中国にチョコを中国に出していると考えたら、想像することができると想像してみてください……その場面は非常にカフェガーブに違いない!$ { FDPageBreak }二、命にかかわる歯磨きこのタイメーカーの双子の蓮の薬草の歯磨き粉、かつて2位の利用者はほとんどが恥ずかしいの命.この2つの事故の原因はその工場である歯みがきの中にも多くの有毒化学の成分が含まれて、いくつか心臓病の利用者にとって彼は本当にとても死神のようです.間違ったことが同商品は適当では生産検査許可のない、幸いに生命の死が、これも起きたタイ一度小の波は、ここから見ても、汚職官吏の多い国はやっぱりキャリア光栄です.$ { FDPageBreak }三,ベーコン歯磨き今ベーコンはますます人々を好きになるのは、もう多くの家庭の食卓に盲に杖ごちそう.でもあなたは歯みがきを聞くこともあるベーコン味のあることを聞いたことがありますか?このようなベーコンの歯みがきは今海外で非常に人気の製品です.彼はあなたに殘る唇歯の長い保護嘴中新鮮なベーコン香りが最も重要で、彼はあなたを食べるとき必ず食欲はなぁ.現在このメーカーとはツイて焼き豚とベーコンの味!で、この企業は本当に本当にゼツて、想像して,あなたは本当にベーコンになって

Copyright© 2012-2013 心の病気は恨みに関係|心理の病気 All Rights Reserved.