暑い夏に心理の病気エアコンをつけやすいエアコンは何度でも一番似合う

2016-07-11

夏、エアコンは春の清涼と快適さを楽しむことができます.しかし、エアコンの不正使用もに悩み、それによってあなたと、体がだるい、頭痛、腰背痛い、手足の痛み、関節の痛み、下痢、月経不順など冷房病の症状.日本の科学者は発見、エアコンの病気は室内の気温の調節が不当に引き起こしたのです.人体実験によって、短い時間の内で自己体温を調節の能力はご℃~ななしち℃で、この温度差の範囲内で、人体を調節することによって汗腺、毛穴の枚目と毛細血管や筋肉の収縮など、すぐに適応する.しかし、温度が変化しすぎると、人体の自己調節が足りなくなります.たとえば、室内外での温度差は10℃の部屋で15分ごとに何度か出入りし,下痢などの症状が出てくる.特に老人や子供、女性は,体質や服装などの原因で、冷房による冷房が発生し、エアコンが発生していることが.夏の室内のエアコンはどれだけ適当に最も適当ですか?⊙エアコンの温度や屋外での差によるとご℃以内にある有名なブランドの空調技術者の紹介に座り込みあるいは現在進行軽度の労働の人にとって、エアコンは26℃の時に、部屋の湿度が50%、これは人体が適しての湿度、人体が快適な感じ.人体の最も適切なエアコンの温度も24℃から27℃で、夏の夜を考慮して省エネ26-28℃まで最も適当で、室内外の温度差はご℃より、温度差が大きい冷房病を誘発しやすくて、エアコンは冷房時、設定温度が高いに℃で、20%の節電.夜寝るエアコンはどのくらいに最も適当で最も適当ですか?一定温度の下で、室温は28度は最も適して最も適して休みのです.ですので、休みの時、人体の免疫に下がって、室温が低い場合,心理の病気、翌日になって現れ、体がだるい、頭が痛い、腰の酸っぱい背中の痛み、四肢痛、関節の痛みなどの症状を引き起こすことができ、より深刻な時下痢、月経不順、冷房病など多くの疾病.人は睡眠の時に、代謝量が減っ30-50%、夜間のエアコンは24℃より低いべきや、エアコン、睡眠スイッチ枠.だから、若い友達は涼しい時、徹夜でエアコンをつけて、一番多いのは夜間モードにして、清涼して寝ることができるのでさえすれば、さもなくば寝つく後とても風になりやすい.エアコンはどれだけエアコンをつけてどのくらいエアコンを予防することができますか?夏が呼吸係の疾病の人が少なくて、しかし近年外来患者が増加の傾向が、これは人々に長い時間いる室内のエアコン環境について、一方では温度が低くて、一方ではエアコンの場合は、時間が繁殖しやすい洗浄軍団菌などの細菌を体の抵抗力が低下して.鼻づまり、流涕、頭痛、不眠、内分泌疾患などはいわゆる冷房病の典型的な症状.エアコン病気の最も主要な原因の一つは室内の外で温度差が大きすぎて、人体は一定の体温調節機能が、この能力には限界があり、気温の作用に皮膚は、人体に対して神経係の役割を引き起こし、温度調節効果に反応し、人体血管収縮や拡張して体温を一定に保つ.人体は37℃程度の恒温を保つことができて、主に皮膚の温度調節機能、皮膚の放熱量は約人体の総熱量の90
%占めます.熱い屋外から.

Copyright© 2012-2013 心の病気は恨みに関係|心理の病気 All Rights Reserved.