飲みすぎて知能心理の病気が衰退する

2016-06-30

長期飲酒は知能衰退海外研究者である若い4月者の知能が衰退したかどうかを.テスト対象は35歳以下の中で、これら人は過去の3年中に毎日アルコール150多グラムを飲み.その結果、半分以上の人は知能が衰退し、そのうち4分の1人は知能が衰退している.また一部臨床資料は、長期的に飲む人が慢性アルコール中毒の現象が発生し、その人は勉強効率が低い、記憶力がよくないという臨床資料が明らかになっている.酒は精神活動に影響を及ぼすのほか、肝硬変,慢性膵炎、食道がん、高血圧など.若い人、若い、抵抗力が強い、飲酒無節制、心身ともに健康になる.だから、私たちの脳を守るため、長期的には、強い酒を飲むことが一番だ.4月と骨粗しょう症は高齢者の一般的な病気の一つである.以前は骨自然退化、カルシウムの摂人,吸収や利用不足などが原因で、近年、医学家の研究が発見、4月も骨粗しょうの重要な原因になります.酒が4月を引き起こして骨粗しょうの原因は総合性の.ドリンカーよく栄養不良,心理の病気、カルシウム、マグネシウム吸収不足、アルコール中毒性ホルモンの分泌を減らして、それによって骨粗鬆:ドリンカービタミンDの障害を伴う、特にアルコール性肝機能障害が悪い場合、ビタミンDを活性化し、これも誘発骨粗鬆の重要な原因の一つ
.また、アルコールは骨細胞に直接毒性作用があります.骨細胞の活動は抑え、カルシウム、マグネシウムの吸収と利用を抑制すると、誘発、骨粗しょう症になります.

Copyright© 2012-2013 心の病気は恨みに関係|心理の病気 All Rights Reserved.