硝子体とその心理の病気病変

2016-06-22

p>
;と<飛蚊症、みんなはきっとよく知っている可能性も、飛蚊症は網膜剥離の前兆が瞳に散る眼底検査.しかし、飛蚊症の成因と、特に硝子体の劣化と病変は、はっきりとしていないかもしれない.いったい硝子体は何か?私たちの目に何か作用がありますか.またどんな病気が発生することができます?双眸健康なあなたはある程度理解するべきです.

硝子体のある眼球キャビティが約80パーセントの体積、大きさ約四ミリリットル、無色透明半流動性のゲル、卵白は一般的には粘る.その構成中百分の九十九を水、微細な繊維の交差点で錯綜複メッシュ構造、また少し硝子体細胞やヒアルロン酸、その間に存.正常成人の硝子体の中、血管と神経がない.

硝子体が眼球の大部分は、眼球の成長が大事と、胚の初期、眼球成形とき、硝子体の成長、徐々に拡大は眼球ツイ割球形ですので、その維持に重要な機能は眼球の形.生後、硝子体の機能がもっと多くて、一方は無色透明かつ屈折率と水に似ていて、光が邪魔をされないときは屈折~網膜の上に入ります;一方はそれは卵白のような柔らかさゲルは,ライナーのような機能で、吸収の追突力減少に対して、外力眼球のダメージ.また、それは網膜と目の前の間の阻隔、障壁、一部網膜上の病変(新生血管)によっては直接、目の前の半分に直接侵犯しないために、網膜上の病変(新生血管)が直接侵犯することはできません.

硝子体でしか視神経乳頭の週囲やノコギリ状の縁黏著網膜から、他の部分だけを疎に接触するだけだ.若い時、黏調あまり流れの硝子体、年齢や高度成長とともに、近視、外傷や手術など、徐々に水化、多少網状の繊維が集まって、配合漂ってきて漂っていき、この時、目が背景に明るい視界になるかもしれない今は色々な形の影の眼球の運動につれて、影も変動と呼び飛蚊症.

また、硝子体は水化が、まだ完全に水化にあたり、硝子体てと網膜に分かれ、その眼球外力衝突時になられ、硝子体は振動,心理の病気、網膜引きとめ,もともと粘るがきついところされかねないラ穴は水化の硝子体に入る洞内に破れ、網膜の剥離.

硝子体の病変が最も主要なのは硝子体混濁に飛蚊症や影響による視覚、硝子体混濁した原因は、前述の硝子体年によって、近視や外傷の退化のほか、炎症反応による炎症細胞のように集まって積み上げ、網膜、葡萄膜、視神経乳頭の炎症が滲む物等の.また、網膜血管出血、ガラスに流れ、硝子体が濁っている.正常な硝子体が血管がないため、炎症や出血による混濁は、その近接組織の反応でガラスに影響を与える.

Pは、胚胎の時期(約7~8個月時)は吸収された硝子体動脈になります.

Copyright© 2012-2013 心の病気は恨みに関係|心理の病気 All Rights Reserved.