注意:この心理の病気6つの悪い習慣は便秘につながる

2016-04-08

便秘には、多くの女性がこの悩みに直面している.便秘はどうするのか、便秘の便秘の治療方法、私達は便秘の原因を見つけることができます.便秘の原因を見つけるには、私たちは根本的に便秘に困らない.

p〉〈時は> <*この排便時いつも我慢しない列、
朝から30分後、ぼんやりと感じたが、もともと便座に座って従容ウンチの、でも、時計、早く遅刻した.は引いても引きませんか?ためらっている時、頭の中には1枚の怒る顔、誰のことが浮かんで、もちろん上司の.最後は便通を放棄し、慌ててユニット.こんな経験をしたことがある職場人は少なくないはずだ.そして、地下鉄や運転の途中、気になるのは仕方ないが、仕方がない、我慢するしかない.心で思っている単位待ちましたすぐにトイレに行って、しかし単位になると、また開例会、またグループディスカッション、てきぱき、午前中でこんなに忙しい忙しい過ぎ.最後に、このような忙しい中で、一度に一回また逃して.

p問題は、よくこのように我慢して、最終的に便秘になりました.一度もあきらめて、大腸が出てきたというのは、その反応が鈍くなり、徐々に、、それがなくなってからだ.深刻な排便欲望はない.というと、それはすぐに解決しなければならない.

p〉〈時は> <*いつも本を持ってトイレや新聞
トイレに行く時は本や新聞は必ず必要です.これは非常に悪い習慣である.大便が出ないとき、トイレに座っていて、見ていて、本や新聞は、とても悠哉が、多くの人が知らないかもしれなくて、じゅう分後、もしあなたはトイレに座っていたら、肛門にに不必要な圧迫、肛門の健康はこのように静かに破壊された.

排便時間は3分以内で、便座に座る時、排泄が終わるまで.この時間を超えて、力を入れば、痔になりやすい.だから、私たちは、このような考えを捨てなければならない:便座に座っている以上、排泄し、徹底的に.いいえ、いいえ、私たちはこのように、一定時間を超えて、果断立って、便座、便座を離れて、私たちは2、便座.それは、後に殘感があり、またトイレに行って、便器に座ってはならないように.

やボディースーツ

日本奈良女子大学、1人の教授がこの研究調査の対象は着腰ベルトの女子学生と腰ベルトの女子学生を着ないで、彼らは同じ食べ物を食べ、同じ量を観察し、そしてその排便量、研究の結果、着腰ベルトを束ブラジャーの女子学生の排便の量は着ないような衣類の女子学生は少ない.副交感神経が副交感神経に鈍化し、副交感神経が鈍化になっていると指摘している.

>

Copyright© 2012-2013 心の病気は恨みに関係|心理の病気 All Rights Reserved.