心理の病気夏_いち

2016-04-07

4月末までに、やっと夏の感じがします.玉龍に弔椅子を買って、ちょっと内の家を思い出しました.大きい書斎,ギターのスペクトルはまた本棚に満ちている.座敷の外には1つの屋根,心理の病気、1つのブランコ、1台の扇風機といくつか花の花.

夏はちょうどエネルギーに満ち、打球水泳で西瓜を食べます.自転車は久しぶりに騎、この休みには短調を口ずさんて風に追いかけ、久しぶりに熱い感じを感じる.

Pは、Pは短い,いい感じですが、いい感じがします.窓外の窓の外のスズメ、電線の上でおしゃべりする.

君は夏の感じがします.

手の鉛筆は、紙の上には.

あなたは私の誰かという字で、あなたは私の誰ですか.

雨の下で夜もすがら、私の愛は雨が降るように.

窓の蝶、詩の中の降りしきるの魅力の章節
.

私は、永遠にあなたの詩の終わりを書くことは、永遠にあなたを愛している.

あなたは私が唯一欲しいとすることです.

が夏の陽射しの中で目が覚めて、沖にお風呂屋前のページ紙、弁舌さわやかに語る;ふと見上げ窓に止まっていた蝶のように、喜びはきっと言いよう.

p>と<はこんな日は、たとえ偶然の風も、人が小さくてましたね.

pは、四月26日昼ごろ

として、——–にしては

Copyright© 2012-2013 心の病気は恨みに関係|心理の病気 All Rights Reserved.