ゲッカビジン・儚い心理の病気一瞬間

2016-04-01

前書き:寂しい夜、方角の静かに.淡い香りが鼻をつく――ゲッカビジン.あの秋、あの死活の一瞬を連想させる.

世界でママはママが良い,母の子供は宝のように.一人でピンク豚かばんの小さい女の子、街頭で歩きながら歌いながら.車が車に来、人の流れが激しい.小さい女の子は注意して、彼女の走って来るあのトラックに向かって.彼女が見た時、もう間に合わない.トラックはもう彼女に近い
.その間一髪の瞬間、道端の1つの女教師、すぐには1人の小さい女の子を押し開けています.小さい女の子を救われて、自分で、自分、病院に運ばれました.

p事後、中国人民の心を感動させて感動しました.その教師は病院に運ばれ、2足も失った.この事件が放送され、人々に転送されて.記者は女教師を取材する時、女は教師を取材して、とても楽しいです、とても楽しいです.記者はどうして両足を失って、まだ楽しくて.先生は言います:“1の生命、とても値、私はあまり悲しんではありません.」

私は、心理的に感動的な感動、ああ、ああ、ああ、ああ、ああ、感動、ああ、ああ、ああ、ああ、ああ、ああ,心理の病気、ああ、ああ、ああ、ああ、ああ、ああ、ああ,ああ.他人に助けを必要とする時、助けをするべきで、自分のわずかな力を尽くします.しかし人を見殺しに陥る危険、いったい、もしあなたは、他人を助けてあなた、あなたは恥ずかしいですか?だから、みんなは私に勧められて、他人の困難に援助をすることを聞いて、みんなは私の1つの助けをみますして、みんなは私を励まします.

Copyright© 2012-2013 心の病気は恨みに関係|心理の病気 All Rights Reserved.