思いの故郷私の故郷

2016-03-11

故郷は小さい頃から離れたいと思っていましたが、成長して帰って行かないところへ.私の故郷は私の今のところの位置からとても遠いです.私の故郷は臨海省で、福建、私たちはこの美しい環境に住む、空気は清新、小川、靑空、ここは一番普通である.

私たちの環境はとても良い、特に小川は特に多く、一部は小流が家によって部屋を着ていた.ほとんどすべての人には小川がある.私達の家はこの様子のたびに、雨の時、部屋の小川が遅い上がってきて、あの時まで、私達は持っている大きな瓶、沸かしてから飲んだが、何もいらないだけを濾過して、瀋殿物が殘ってよくなった.ある種:小橋流水人の境地は、そこの環境が美しくなっていることが見えます.

毎回雨が降った後で、天気はとても蒸し暑くて、私たちはいくつかの若者に伴うも川で遊んだにもかかわらず、川も深くない私たちの胸に、最高まで、しかし私は気が小さいので、下水、彼らは私をからかって、激私進水、私は怒った水から飛び降りた、彼たちと痛快遊んでて.そのとき、河畔は、私たちの喜びと朗らかな笑い声が響いて、夕日が西になるまで.

p>が連なって<そちらは一面に広がるビワの木、その葉はとても大きくて、は丸くて扁、葉の縁にのこぎり形で、それは山の開花、百花はまるで大地に羽織った層の銀色の装い、一成熟果実、黄色の枇杷見えるはそんなにの人を引き付ける、かぶりつくと、8分甘い、二分酸、核は自動滑り落ち、便利で、おいしい.私は帰ってくるたびに、ビワを食べます.私は望郷のあの川が記されている、それは私の成長に記載した足跡も、親は私の熱愛を積載している、それは、私があまりにも多くの記憶を忘れない子供の時父はよく私に来て川を抱いて、私に語って川の物語について、忘れられない学校の時にお母さんはよく川ながら見送った私が通って、丁寧に私は毎日勉強したい、忘れられない祖母がよく川で逢いたいが情見たいが病を常に家に帰って、私.川の水が立ち代り入れ代わり、さらさらと歌う田舎の古い歌謡、この歌声に吹き込んだ私の耳に、どこまで行っても、そのカチカチと水の音を聞きさえすれば、私は私の故郷の近くにして、まるで昨日のように、目の前に.

私は私の故郷を思い、いつまでもずっと永遠に.

Copyright© 2012-2013 心の病気は恨みに関係|心理の病気 All Rights Reserved.