消極的になったら、身体の変化

心の病気は恨みに関係して、怒りは肝臓の状態に関係します。すべて胃腸の疾病がある人はちゃんと反省しましょう。たとえば、自分の仕事はうまくいかなくて、妻のほうが優しくないことなどで怒りを起り、だんだん身体に転換してしまいます。

このような気持ちが私たち多くの人に全て無視されました。確かに、多くの問題は私達がもたらしたのではなくて、外部の原因ですが、失敗ということが他人のせいだと思われて、怒りが発生します。長期に鬱憤あるいは気持ちのよくない人が、脳の構造は変化が発生します。情緒は長期に不正常の状況で、免疫システムと内分泌の変化を招きます。典型的な病気は胃の不調です。人の気持ちのよくない時、食事をしたくないです。このような状態が長期にあって、胃に対して傷つけます。

鬱憤は社会化の複合情緒です。たとえば、悲観的で、楽しいことの喪失、周囲の物事に対して人に無愛想で、日常生活の興味不足、効能が下がって、睡眠と食欲の障害を伴っていります。ひどい時、悲観を招いて、気落ちしたり、絶望したりすることがあります。憂鬱の患者は消極的になって、自殺という考えが芽生えます。

人が怒るという状態で一連の変化が発生します。心臓血管システムは変化が発生して、心拍加速して、血圧は高く上がって、唾液は分泌しても抑えられます。

Copyright© 2012-2013 心の病気は恨みに関係|心理の病気 All Rights Reserved.