心の病気の発症メカニズム

哲学者、精神医学家の時効波様は「需要の闘争と心の病気」という文に、生物学、心理学と哲学の角度から科学的な心の病気の発症メカニズムを次の通り に摘録しました:心は人の脳の機能です。人間の脳は生命と環境の長期にわたる葛藤の産物で、人類の進化の過程中で「需要-闘争-賞」という人間特有の心理 や行為の規則が形成されました;個体として、そのすべての需要を満足したための闘争活動と相応の情緒は、脳によって指揮、制御されます、全部は需要闘争と 褒美法則に従います。

1 .需要闘争の法則

人は、需要の動機を持っています。この規則は如実に表現できます。「需要-闘争- 賞」、この三者は相互に連絡し、相互に作用した統一な全体で、分割してはいけません。正常な人の「需要-闘争-賞」は全体平衡状態になって、たまに、たと え過激ですが、それは緊急状態の下の応急行為と言えます。いったんに3者が長期分割され、人の心理的、行為活動はこの規則に従っていなくなってしまいま す。心の病気が発生する可能性があります。

とはバイアグラやレビトラの後続き誕生したED治療薬なのです。ED治療薬シアリスのことはタダラフィルとも言われています。現在日本全国の販売通販シアリスとは、日本イーライリリー株式会社で2007年初めてED治療薬シアリスを販売されていました。

「需要-闘争-賞」は人類の正常生存発展の進化を前提として、需要や闘争やほうびがないと、人類 の進化と発展することはできません。同じように、進化は今日まで発展した人類は、もし方向を迷ったら、需要の動機と闘争の情熱が失ってしまい、闘争を進め たくない、あるいは法則に反して、闘争の対象が間違え、闘争の進展を獲得することができなく、楽しい褒美は必ず発生できなく、ネガティブ情緒ひいては心の 病気になります。

2 .需要-闘争-賞と人間の心の病気

(1)動機と趣味を持って、主導的な需要があり、ほうびの闘争を進め るのは正常人といいます。正常な人の生存生活方式は、命は止まらない、奮闘することが止めないのです。そのため、人類の利益の角度からも我々が、正しい世 界観、人生観、価値観を発見し、自分の目標を見つけなければなりません。(2)無動機、無興味の闘争を行うのはうつ病といいます。

しかもレビトラは早漏を改善できると言われていますので、勃起不全、性欲低下、早漏、勃起障害などの男性性機能障害がある男性にとってまさか救世主ではありませんか。

Copyright© 2012-2013 心の病気は恨みに関係|心理の病気 All Rights Reserved.