喘息とはどんな病気でしょうか

喘息は、呼吸をするときの空気の通り道(気道)が、アレルギーなど炎症によって敏感になり、けいれんを起こして狭くなることで起こります。
「ゼーゼー、ヒュ ーヒュー」といった喘鳴や、激しい咳が出る、呼吸が苦しくなるといった症状が、喘息の発作です。喘息の人の気管支をはじめとする気道の粘膜には、好酸球(白血球の一種)やリンパ球を中心とした細胞が集まり、発作がおさまっているときでも炎症が起こっています。そのため、ちょっとした刺激で気管支を取り囲む筋肉が収縮し、空気の通り道が狭くなる「気道閉塞」が起こりやすい状態が続いています。
喘息にかかってしまうと大体以下のような病状が出ます。
のどが「ゼーゼー、ヒューヒュー」いう喘鳴、呼吸困難、発作性の激しい咳、痰、急に動けなくなる、胸の痛み、動悸、息切れ、背中の張り、空咳などです。
日本では、子どもの5~7%、大人の3~5%が喘息にかかっているといわれています。
子どもの喘息は男子に比較的多く、アレルギーが原因であることがほとんどとされています。小学校高学年ぐらいから発作がなくなる時期がありますが、20~30歳代に再発することもあります。
大人の喘息の6~8割が大人になって初めて発症した人たちで、男女比も変わりません。子どもの喘息に比べ、原因が明確に特定できない場合が多いとされています。

バイアグラはED患者の70%以上に効果を示しています。

Copyright© 2012-2013 心の病気は恨みに関係|心理の病気 All Rights Reserved.